エリザベート 愛と死の輪舞のチケット一覧

「エリザベート-愛と死の輪舞-」はウィーン発のミュージカルである「エリザベート」の宝塚版である。原作であるウィーン版の脚本・歌詞はミヒャエル・クンツェで、宝塚版ではこの原作に小池修一郎が潤色・演出している。原作であるウィーン版の「エリザベート」の初演は1992年だ。宝塚版である「エリザベート-愛と死の輪舞-」は1996年、当時雪組のトップスターだった一路真輝のサヨナラ公演として初演された。その後、作品の芸術性、完成度の高さからしだいにチケットが入手困難となる演目になり、現在は宝塚における人気演目の一つとして知られている。2007年には観客動員150万人を突破、2016年には通算上演回数1000回を達成した。また、同年には初演20周年を記念したガラコンサートが大阪と東京で上演されている。宝塚版と原作であるウィーン版ミュージカルとのもっとも大きな違いは、重要人物である「トート」の扱いにある。本来、原作のミュージカルにおいてこの役は「死」や「死神」を擬人化したものである。しかし、宝塚ではトップスターが死を意味する役を演じるのはふさわしくないという理由から、トート役の設定は「黄泉の国の王」に変更されている。

  • 全チケット件数
  • 1

公演当日のみ受渡しが可能な紙チケットが、電子チケットで掲載されている場合があります。ご了承ください。

アイコンの説明
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
1 件 1〜1件目
  • 公演名
  • 公演日時
  • 開催場所
  • 座席・取引方法
  • 枚数 チケット代金
  • エリザベート 愛と死の輪舞(ロンド) 千秋楽 ライブ中継

    お得!
  • 18/12/18()
    15時30分
  • TOHOシネマズくずはモール
    (大阪)
  • (取引中)
  • ¥4,500 (1枚のみ)
  • 取引中
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
1 件 1〜1件目

エリザベート 愛と死の輪舞が好きな方に人気のチケット

※男性名義・女性名義のチケットを購入し、名義記載の無いチケットが到着する場合もあります。