吉川晃司

吉川晃司(キッカワコウジ)は、アクセルミュージックエンターテイメント所属、広島県出身のミュージシャン・俳優。1984年、映画「すかんぴんウォーク」の主演と主題歌「モニカ」でデビュー。映画の水泳シーンでは水球のオリンピック候補選手だった実力を発揮し、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞、ゴールデンアロー賞の新人賞を受賞。歌手としては日本歌謡大賞最優秀新人賞や、その他8つの新人賞を総なめ。「LA VIE EN ROSE」「You Gotta Chance 〜ダンスで夏を抱きしめて〜」「にくまれそうなNEWフェイス」「せつなさを殺せない」「KISSに撃たれて眠りたい」など、数々のヒット曲をリリースした。1988年、元BOØWYのギタリストである布袋寅泰とCOMPLEXを結成し、翌年「BE MY BABY」でデビュー。大型ユニット結成で世にCOMPLEX旋風を巻き起こしたが、1990年11月の東京ドーム公演をもって活動休止。その後はソロとして、作詞・作曲、プロデュースを手掛ける。

吉川晃司

チケ流アプリならPush通知でお知らせ