マクガワン・トリロジー チケット

マクガワン・トリロジーは、アイルランドの作家シーマス・スキャンロンによって書かれた作品である。2014年にアメリカ・ニューヨークで開催された第1回アイルランド演劇祭では複数の賞を受賞し、話題となった。気になる物語の舞台は、南北アイルランド。アイルランド共和軍(IRA)の内務保安部長、ヴィクター・マクガワンは、その冷酷さから組織の殺人マシーンといわれていた。この作品は、そんな殺人マシーンとして出世を重ねていく彼の暴力性と悲哀に満ちた3年の歳月を、会話のずれなどから巻き起こる乾いた笑いを織り込みつつ、3部に渡り辿っていくコメディタッチで描かれる悲劇である。
2018年夏日本初演となり、日本演劇界でも期待が集まる演出家の一人である小川絵梨子と映画やドラマなど多岐に渡り活躍している松坂桃李(マツザカトウリ)のタッグは反響を呼んだ。
浜中文一(ハマナカブンイチ)、趣里(シュリ)、高橋惠子(タカハシケイコ)など個性あふれる共演者たちが脇を固める。心の中に悲しみや複雑な気持ちを抱えたヴィクター・マクガワンを体当たりで演じる松坂は見逃せない。

"チケ流"は譲りたい人と買いたい人をつなぐ安心の仲介サービス
※デジタルチケット(電子チケット)・当日売買もOK