舞台 Dead Poets Society いまを生きる チケット

舞台「いまを生きる」は、2018年10月5日〜24日の日程で新国立劇場中劇場で上演される。これは、1989年に公開されたアメリカ映画を原作とした作品である。ピーター・ウィアーが監督を務め、ロビン・ウィリアムズが主演したこの映画は、原題が「Dead Poets Society」であり、第62回アカデミー賞脚本賞にも輝いた名作である。2016年にはオフ・ブロードウェイで舞台化もされていて、映画の脚本家であるトム・シュルマンが舞台の脚本も担当した。1959年のアメリカの全寮制男子高校を舞台に、厳しい規則に縛られていた生徒たちが、型破りな新任教師キーティングに刺激され、次第に変化していくさまを描く。英語教師キーティングを演じるのは佐藤隆太。生徒役としては、ジャニーズJr.のグループ「Travis Japan(トラビスジャパン)」から、ニール役で宮近海斗、ノックス役で七五三掛龍也、リチャード役で中村海人の3名が出演するほか、トッド役に永田崇人、チャールズ役に田川隼嗣、ミークス役に浦上晟周と、今をときめく若手俳優が名を連ねる。また、ニールの父親であるペリー氏役に冨家規政、校長のノーラン役に大和田伸也と、ベテラン俳優も顔を揃えるほか、ノックスが一目惚れする少女・クリスの役として羽瀬川なぎが出演する。演出と上演台本は上田一豪が担当している。

"チケ流"は譲りたい人と買いたい人をつなぐ安心の仲介サービス
※デジタルチケット(電子チケット)・当日売買もOK