チケ流は運営25年以上の安心チケットリセール(二次販売)です。取引金額はチケット券面代金より安い、または高い場合があります。

落語・寄席

落語は庶民の娯楽として長い間親しまれてきた日本の伝統芸能のひとつだ。長寿番組でもあるテレビ番組「笑点」では三遊亭円楽(6代目)林家たい平林家三平(2代目)などの落語家たちが大喜利を披露。6代目の大喜利司会者として春風亭昇太が抜擢されたことでも話題になった。立川志の輔立川志らく立川談春らのように司会者やコメンテーター、俳優などとして活動の幅を大きく広げている落語家も多い。落語そのものがドラマや漫画の題材となることも多く、人気漫画「昭和元禄落語心中」はテレビアニメ化だけでなく、岡田将生山崎育三郎らの出演でテレビドラマ化もされた。女性落語家が主役の人気漫画「じょしらく」が乃木坂46主演で舞台化されるなど、近代では女性落語家も増えており2017年には「落語ガールズ」が結成され古今亭駒子立川こはる三遊亭美るく春雨や風子林家扇柳家花ごめ三遊亭遊かり林家あんこ春風亭一花立川だん子などがメンバーに名を連ねている。寄席といえば落語と思いがちだがその日その日の演目によって講談のほか色物と呼ばれる漫談、漫才や奇術(手品・マジック)などの演芸を楽しむこともできる。テレビでも馴染みのある漫才師にナイツU字工事、講談師に神田伯山、漫談家に綾小路きみまろなどがいる。ほぼ毎日寄席を楽しめる場所を定席といい、東京には、新宿末廣亭や上野の鈴本演芸場、池袋演芸場、浅草演芸ホールがあり、横浜にある横浜にぎわい座でも「横浜にぎわい寄席」を開催している。大阪では2006年9月に上方唯一の定席、天満天神繁昌亭が誕生し、上方落語を楽しむことができる。

落語・寄席の人気チケットランキング

落語・寄席 の公演から探す

  • すべて
  • ハ行
  • 林家木久扇 (3)
  • 林家つる子 (1)
  • 坂東玉三郎 (26)

    坂東玉三郎 (5代目) は歌舞伎役者である。梨園の出身でないにもかかわらず、稀代の女形として歌舞伎界を代表する役者の一人で、ファンからは「玉さま」の愛称で呼ばれている。1950年に生まれ、1956年に14代目守田勘弥(4代目坂東玉三郎)の部屋子(幹部俳優に預けられ、その俳優と同じ楽屋を使い芸を習う立...

公演名が見当たらない場合は、公演名追加依頼フォームからご連絡ください。