チケ流は運営20年以上の安心チケットリセール(二次販売)です。取引金額はチケット券面代金より安い、または高い場合があります。

サッカー日本代表(サムライブルー)

サッカー日本代表は、「U-24」「U-20」「U-17」など、年代ごとにカテゴリが分かれている。最上位にある年齢制限なしのA代表はチームカラーより「SAMURAI BLUE(サムライブルー)と呼ばれ、FIFAクラブワールドカップAFCアジアカップといった主要な国際大会に挑む。1992年にAFCアジアカップ初優勝、1998年にFIFAクラブワールドカップ初出場を果たすなど、1993年のJリーグ発足に前後して力を伸ばし始める。中田英寿、小野伸二、稲本潤一などのヨーロッパで活躍する「海外組」が増えた2002年の日韓ワールドカップ、2010年の南アフリカ大会ではベスト16に進出した。2018年のロシア大会では開幕直前に監督がハリルから西野監督に交代し、BIG4(本田圭佑、長友佑都、香川真司、岡崎慎司)と呼ばれるベテラン海外勢が選出された。同年7月にはU-19の森保監督がA代表チームの監督に2チーム兼任で就任し、2020東京オリンピック競技大会で海外組の吉田麻也、堂安律、久保建らが招集されたU-24日本代表は4位の成績をおさめた。また、女子サッカー日本代表、通称「なでしこJAPAN」はワールドカップで2011年に優勝、2015年に準優勝、2012年のロンドンオリンピック2012で銀メダルを受賞するなど、世界的な強豪国として知られている。その功績を称えて、2011年8月には団体としては初となる国民栄誉賞が女子代表に授与された。当時の中心選手だった澤穂希は2012年にFIFA最優秀選手賞を受賞している。

掲載されているチケットはありません。

チケ流アプリならPush通知でお知らせ