チケ流は運営20年以上の安心チケットリセール(二次販売)です。取引金額はチケット券面代金より安い、または高い場合があります。

三遊亭円楽(6代目)のチケット一覧

三遊亭円楽は落語家の名跡である。初代三遊亭円楽は後の3代目三遊亭圓生で、明治時代に活躍した。5代目三遊亭円楽はテレビ番組「笑点」の出演者、司会者として人気を博した落語家だ。5代目の弟子であり、三遊亭楽太郎の名で1977年から「笑点」レギュラーとして活躍していたのが、6代目三遊亭円楽である。その後、師匠であった5代目が2009年に死去したのを受け、2010年に6代目を襲名した。6代目三遊亭円楽は1950年、東京都で生まれた。青山学院大学法学部在学中に5代目三遊亭円楽に弟子入りし、1976年には二つ目に昇進する。そして1979年には放送演芸大賞最優秀ホープ賞を受賞。また、1981年には若手落語家努力賞受賞のほか、真打に昇進した。通常、落語界では三遊亭円楽の「円」は旧漢字である「圓」の字が使われるのが一般的だが、6代目は常用漢字である「円」を使用している。6代目三遊亭円楽は落語家として多くの寄席やテレビ番組に出演する一方で、2007年からは「博多・天神落語まつり」のプロデュースもつとめている。このイベントは東西の大物落語家が登場することから、落語ファンの間で大きな人気を博しているイベントである。

  • 全チケット件数
  • 16
  • 公演名
  • 公演日時
  • 開催場所
  • 座席・取引方法
  • 枚数 チケット代金

チケット掲載受付中です。

三遊亭円楽(6代目)のチケット掲載をお知らせする新着アラートを利用する。

三遊亭円楽(6代目)が好きな方に人気のチケット

※男性名義・女性名義のチケットを購入し、名義記載の無いチケットが到着する場合もあります。