大相撲のチケット一覧

日本の国技である大相撲の興行は、本場所と地方巡業の2本立てで行われる。年6回、奇数月に開催されるのが本場所だ。一月場所(初場所)に始まり、三月場所(春場所)五月場所(夏場所)と続く。気温が高い名古屋で真夏に開催されるのが七月場所(名古屋場所)で、「南国場所」などと称される。その後、九月場所(秋場所)を経て、一年納めの十一月場所(九州場所)で終幕する。本場所の開催中はNHKのテレビ・ラジオで中継される。春巡業、夏巡業などと呼ばれる地方巡業は、本場所が開かれない期間に地方や海外を巡りながら実施される。地方のファンにとっては、力士を直接見られる絶好の機会だ。大相撲の座席には、溜席とマス席、イス席の3種類がある。審判席のすぐ後ろが溜席で、有名人が観戦する姿を見かけることも多い。飲食はできないものの、力士をすぐそばで見られるのが一番の魅力だ。土俵の砂が飛んでくるほど近いことから、別名「砂かぶり席」ともいわれる。溜席500席のうち300席は、寄付をした人や後援団体向けの維持員席になっている。残り200席は抽選制なので、チケットを手に入れることは容易ではない。溜席の後ろに続くのがマス席だ。座布団が敷かれた座席で、飲食も自由に楽しめる。4人用がメインだが、6人で利用できる席もある。一方、イス席は2階に設置され、全体を見渡せる独特の開放感が楽しめる。リーズナブルな料金で大相撲を満喫できるのも、うれしいポイントではないだろうか。

  • 全チケット件数
  • 471
アイコンの説明
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
1 件 1〜1件目
  • 公演名
  • 公演日時
  • 開催場所
  • 座席・取引方法
  • 枚数 チケット代金
  • 平成31年 大相撲(春巡業)

  • 19/04/10()
    08時00分
  • エスフォルタアリーナ八王子
    (東京)
  • イスS席向正面2列30番台
    紙チケット 郵送 女性名義 塗りつぶしなし
  • ¥10,000 (1枚のみ)
  • 4
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
1 件 1〜1件目

大相撲が好きな方に人気のチケット

※男性名義・女性名義のチケットを購入し、名義記載の無いチケットが到着する場合もあります。