六大学野球

六大学野球は、東京を所在地とした6大学によるリーグ戦で、毎年春(4月〜5月)と秋(9月〜10月)に東京都新宿区にある明治神宮野球場(神宮球場)で開催される。早稲田大と慶応大による「早慶戦」が1903年に行われたのがきっかけで、その後、明治大、法政大、立教大、東京帝都大(現東大)が相次いでリーグ戦に参加し、1925年から現在につながる6校によるリーグ戦が始まった。プロ野球人気が高まるまでは、長らく日本野球で一番の花形だった。現在でも、大学野球の中では一番の観客動員数を誇る。順位は総当たり戦で争うが、全チームがすべて同じ日に試合をすることはなく、毎週最大2試合ずつ開催される。2戦先勝方式の勝ち点制で、同一の対戦校に先に2勝したほうが勝ち点を得る。特に早慶戦は一番の盛り上がりを見せる伝統の一戦で、優勝争いに関係なく必ず最終週に組まれる。六大学野球ではこれまで長嶋茂雄(立教大)をはじめ、高橋由伸(慶応大)、和田毅(早稲田大)、青木宣親(早稲田大)、斎藤佑樹(早稲田大)、野村祐輔(明治大)らプロ野球で活躍した数々のスター選手を輩出している。

掲載されているチケットはありません。

チケ流アプリならPush通知でお知らせ