弱虫ペダル

弱虫ペダルは、週刊少年チャンピオンで連載中の原作:渡辺航による自転車ロードレース漫画。主人公・小野田坂道は、フィギュアやアニメが大好きなオタクな高校一年生。毎週、秋葉原へ大好きなグッズを買いに行く彼は、千葉から秋葉原までの距離(片道45km)の道のりを電車賃を節約するため、『ママチャリ』で往復していた。そんな常人には持ちえない経験を持つ彼は、同じ学校のエリートロードレーサーの今泉俊輔にその才能を見出され自転車競技部に入部。そして、夏に開催される全国インターハイでの総合優勝を、チームメイト共に目指していくことになる。軽めのギアで、足をくるくると回すハイケイデンスクライムという主人公の登坂スタイルが、作品名の由来になっていることからも分かるように、作者自身の自転車体験を元に、自転車の楽しさを存分に語られているのが魅力の一つ。人気漫画家としてではなく、一サイクリストとして、自転車レースの公式イベントやTVにゲストとして呼ばれる事は今や常であり、弱虫ペダルのスポンサーレースや、シクロクロスの弱虫ペダルサイクリングチーム(渡辺先生が監督)も存在しています。このような実際の競技・レースに加えアニメ、漫画、映画など様々な媒体で絶賛展開中。自転車ブームの火付け役です!

弱虫ペダル

チケ流アプリならPush通知でお知らせ