宇多田ヒカル

宇多田ヒカルは1983生まれの女性歌手。ニューヨークで幼少期を過ごした後、歌手だった母の藤圭子とプロデューサーだった父、宇多田照實の影響で、音楽制作に興味を持つようになる。1998年、「Automatic/time will tell」で日本デビュー。ラジオ放送などで人気に火がつき、ダブルミリオンを達成、一躍注目を浴びる。1999年にはファーストアルバム「First Love」が歴代邦楽アルバム史上最高の売上を記録した。独特の日本語表現と、ブラックミュージックからの影響が濃いメロディセンス、そして甘いウィスパーボイスは日本中で高い評価を受けた。その後、アルバム「Distance」、「DEEP RIVER」も立て続けにヒットを飛ばし、2004年にはUtada名義によるアルバム「EXODUS」で全米進出を果たす。2010年には「人間活動」と称し、長期休養期間に入るも、「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q」主題歌「桜流し」を配信でリリースするなど、断続的に歌手活動は継続。2016年に「花束を君に」、「真夏の通り雨」を配信し本格的にアーティスト活動を始動する。同年、宇多田ヒカル名義では6枚目となるアルバム「Fantôme」が世界各国で発売され、ロングセラー作品となった。

宇多田ヒカル

チケ流アプリならPush通知でお知らせ