チケ流は運営20年以上の安心チケットリセール(二次販売)です。取引金額はチケット券面代金より安い、または高い場合があります。

少年社中のチケット一覧

少年社中は、東京をメインで活動する劇団。観客の五感を刺激するような作品を発信しているのが、少年社中の魅力となっている。名古屋の東邦高等学校・演劇部に所属していた毛利亘宏井俣太良が、佐藤春平をはじめとするメンバーとともに上京。上京後、早稲田大学演劇研究会(劇研)を訪ね、劇団「東京オレンジ」に入ることになる。なお、東京オレンジは、名古屋で「天使は瞳を閉じて」などの舞台を公演していた経歴がある。1997年に少年社中を立ち上げ、翌年には旗揚試演会「サムライ・コア」を開催。それから、1回目の「アルケミスト」を公演したのを機に、「アトランティス」や「ゴーストジャック」など数々の公演を行う。それまでは、200席に満たない劇場で公演を行っていたが、2004年には300席以上を超える青山円形劇場での公演を経験。第11回公演「エレファント」を行なった後、劇研から独立した。2006年には初のシアタートラムで第17回公演「アルカディア」を開催。さらに、同年の暮れにはフジテレビが企画した「お台場SHOW劇場」に参加するなど、メディアとも関わるようになる。2011年には、第14回パルテノン多摩小劇場フェスティバルに出場し、年1〜2本のペースで本公演を上演している。2018年には第34回公演「MAPS」を開催した。

  • 全チケット件数
  • 98

全公演

アイコンの説明
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
6 件 1〜6件目
  • 公演名
  • 公演日時
  • 開催場所
  • 座席・取引方法
  • 枚数 チケット代金
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    13時00分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引中)
  • ¥16,500 (1枚のみ)
  • 取引中
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    17時30分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引完了)
  • ¥9,700 (1枚のみ)
  • 取引完了
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    17時30分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引中)
  • ¥11,000 (1枚のみ)
  • 取引中
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    17時30分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引中)
  • ¥15,000 (1枚のみ)
  • 取引中
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    17時30分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引完了)
  • ¥20,000 (1枚のみ)
  • 取引完了
  • 少年社中 モマの火星探検記

  • 20/02/01()
    17時30分
  • 岡崎市民会館 あおいホール
    (愛知)
  • (取引完了)
  • ¥23,000 (1枚のみ)
  • 取引完了
  • < 前へ
  • 1
  • 次へ >
6 件 1〜6件目

少年社中が好きな方に人気のチケット

※男性名義・女性名義のチケットを購入し、名義記載の無いチケットが到着する場合もあります。